Top 食器・テーブルウェア キッチンアクセサリー ポット(共茶漉し)ソギ
Nankei seitouien 青山店舗取り扱い商品

南景製陶園

ポット(共茶漉し)ソギ

7,150円 (税込)

素材:炻器
サイズ:153 x 95 x 93mm/300ml(満水容量)

お届け目安: 〜5日

のしの名前とラッピングを設定する

素材 : 炻器

SKU : 9900000290375

生産国 : 日本

商品区分 : 定番品

配送 : 通常配送

電子レンジ・食洗機・直火:使用不可

・1点1点職人の手作業による製作のため、表面の貫入の入り方など個体差がございます。
・共茶漉しを使用しています。茶漉し部分は、非常に薄い構造になっているため、他の食器とぶつかったり、強く押すと破損の恐れがありますので、ご注意ください。
・茶漉しと本体の間に、わずかな隙間が見られる場合がございます。隙間があっても、その奥の部分で接合されていますので問題はございません。
・食洗機で洗浄する場合、ご使用状況によっては破損の可能性がありますので、お止めください。
・日常使いでは茶ガラは水やお湯でさっと流し、よく水を切って乾かしてください。
・茶渋が気になる場合は、薄めた食器用酸素系漂白剤に一晩浸していただくと、きれいになります。匂いが残らないようしっかりとすすぎ、よく乾かしてください。
・原材料に微量の酸化金属が入った陶土を使用しており、表面に黒く斑が出る場合がございますが、商品の風合いとしてお楽しみください。

ラッピングの詳細説明はこちら

幅広く使える本格派の急須

ポット(共茶漉し)ソギの蓋を開けた様子

"後手急須(うしろできゅうす)"と呼ばれる、持ち手が後ろについたタイプの本格派の急須。右手でも左手でも扱いやすく、幅広い用途と使い勝手の良さが魅力です。

伝統技術と和の雰囲気を残しつつも、モダンでシンプルなデザインに仕上げられた美しい急須。日本の伝統的な空間ではもちろん、現代の洋風なキッチンダイニングの中にも馴染みやすく、幅広い層の方にお使い頂けるアイテムです。

中国茶の急須を彷彿させる丸みを帯びた形で、日本茶だけでなく、中国茶や紅茶を淹れるのにも適しています。また酒器として、お酒をつぐ際にもお使い頂けます。
※椀(カップ)は別売りとなります。


特有のひび模様"貫入"

ポット(共茶漉し)ソギ

急須の表面に見られる、特有のひび模様が特徴のデザイン。これは"貫入"と言われるもので、焼き上がった陶器を窯から出して、冷ましている過程で生まれるひびのような模様のことをいいます。同じ商品でも貫入の入り方はそれぞれ違うため、1つ1つの個性をお楽しみ頂けます。

また使っていくごとに表情が変化していくのも特徴。長く使うものだからこそ、自分色に育てる過程をお楽しみいただけるのも魅力です。



昔ながらの共茶漉し

急須本体には直接茶漉し穴があいています。茶漉し穴は、大きすぎると小さな茶葉や茎が通りすぎてしまい濾しきれませんし、小さすぎるとすぐに茶葉が詰まってしまいます。

同商品の茶漉し穴は、長年の試行錯誤により、熟練の職人が一つ一つ手作業であけています。細かい茶葉が少し混ざるくらいの昔ながらのお茶をお楽しみいただける他、別途茶漉しを使う必要がないため、余分な洗い物がでないのも嬉しいポイントです。



急須の特徴

ポット(共茶漉し)ソギと湯呑みを2つ並べた様子 こちらの急須には以下の特徴があります。ご確認くださいませ。

・穴より細かい茶葉を通すため、昔ながらのお茶の味が楽しめます。
・急須本体の内側を、たわしなどで洗えます。
(茶漉し部分は繊細な構造なので、衝撃を与えないようご注意ください。)
・深蒸し茶など細かい茶葉は、目詰まりしやすいのでご注意ください。
(特に2煎目以降)
・ステンレス底網に比べると、湯残りしやすい作りとなっております。

 






「南景製陶園(なんけいせいとうえん)」

1913年に陶土の製土業として創業、1972年に急須窯元へと転じ、急須づくりで培った技術と思考に基づく様々な製品を手掛けるブランド。萬古焼の産地で独自に土を配合し、伝統の製法で製品作りを行っています。

ブランドコンセプトである「Banji Kyusu(万事急須)」という言葉には、「万事休す」状況や物事が進まないときに、忙しない手を止め湯を沸かし、急須でお茶を淹れることで深呼吸ができるような、日々に寄り添う道具でありたいという願いが込められています。

 

最近見た商品