デンマークを代表する磁器ブランド「LYNGBY PORCELAEN(リュンビュー ポーセリン)」

コペンハーゲンの北にあるコンゲス・リュンビューで1936年に磁器メーカーとして設立した「LYNGBY PORCELAEN(リュンビュー ポーセリン)」。

当時デンマークでは装飾的な磁器な主流でしたが、ドイツのバウハウス運動の影響を強く受けたため、シンプルで機能的なデザインが印象的です。

1950年代後半のアーカイブシリーズ「Dan Ild」、日本の食卓にも馴染むカジュアルなカラーリング

1950年代後半のデザインアーカイブをリニューアルした「Dan Ild」シリーズ。
当時新鮮だった、機能的でシンプルなデザインが人気を集め、発売当初から人気を集めたシリーズです。

「Dan Ild」シリーズは、オーブンディッシュやボウル、サービングディッシュ、ソースボートで構成され、全て直火調理が可能。
調理器具と食器両方の役割を兼ね備え、磁器の素朴な感覚と、遊び心のある装飾で表現しています。

ナチュラルなベージュxブルーの親しみやすいカジュアルなデザイン。
日本の食卓にも自然と馴染んでくれます。
お料理とも相性がよく、様々なシーンで活躍しますよ。

毎日の食卓に最適な直径9cmの小鉢

直径9cmの可愛らしい小鉢は、煮物やおひたしなどの和食にはもちろん、サラダボウルやフルーツ、デザートボウルとしても使えます。
ひとつひとつ手作りの温かさがあり、食事やお料理の時間をより豊かにしてくれます。

毎日の食卓に是非、Dan Ildの食器を取り入れてみてください。