Top 食器・テーブルウェア CMA ”クレイ”コレクション オーバル フラット
1616 / arita japan 青山店舗取り扱い商品

1616 / アリタジャパン

CMA ”クレイ”コレクション オーバル フラット

990円 (税込)

素材:磁器
サイズ:商品詳細に記載

お届け目安: 〜5日

のしの名前とラッピングを設定する

素材 : 磁器

サイズ :
140:W140 x D121 x H19mm
220:W220 x D190 x H19mm
290:W290 x D250.5 x H19mm

    SKU

  • 140 / ホワイト : 4560440842340
  • 220 / ホワイト : 4560440842357
  • 290 / ホワイト : 4560440842364

生産国 : 日本

デザイナー : Cecilie Manz(セシリエ・マンツ)

商品区分 : 定番品

配送 : 通常配送

電子レンジ・食洗機:使用可
オーブン:使用不可

カラーはホワイトとなります。他のCMAシリーズのアースグレーとは色味が異なりますのでご注意下さい。

ラッピングの詳細説明はこちら

使いやすいオーバル型のプレート

オーバルフラットプレートに料理を盛り付けてテーブルに並べたシーン

ナチュラルなホワイトカラーで、どんなお料理にも合わせやすいオーバル型のプレート。豊富なサイズ展開と使いやすい形状が魅力のアイテムです。

横長の形状のため、220サイズはパンとサラダをのせて一人用のモーニングプレートとして使用したり、290サイズは大皿プレートとしてご使用いただくのにおすすめです。140サイズはティータイム用のお菓子をのせたり、アクセサリートレーとして使用することもできます。

プレートは縁から底面にかけて緩やかなカーブがかったデザイン。底面以外は釉薬が施されており、汚れが落ちやすく洗いやすいという機能面もあります。

「CMAシリーズ」は、世界で注目されているデザイナーの一人、Cecilie Manz(セシリエ・マンツ)による有田焼のテーブルウェアシリーズです。天草陶石の磁器土(赤土)の鉄分を多く含む陶土を使用した、暖かみのある自然な風合いと色味の表現が特徴です。

和食にも洋食にも最適で、さまざまなシーンでお使い頂けるデザインが魅力。有田焼は焼き物の中でも丈夫なため、電子レンジ・食洗機の使用も可能で、日常的に負担なくお使いいただけます。



多様な国のキッチンに似合う4種類の要素で構成された、セシリエ・マンツによる”クレイ”

同シリーズの食器に様々な料理を盛り付けた食卓

3年間にわたる緻密な検証と何百枚ものスケッチ、数えきれない試作を経て誕生したセシリエ・マンツのシリーズ。

スタッキング可能なプレートやボウルなど、フラット、ディープ、ロー、トールの4つの要素で構成されており、伝統的な有田焼の白と、生成りがかったナチュラルなグレーの2種類の土を採用し作られています。

機能美を考え抜いたデザインは、同じ曲線でもセシリエ・マンツにしか出せない絶妙な美しさと柔らかさを兼ね備え、有田焼という日本の伝統的焼き物でモダンに仕上げられています。

和洋関係なくマッチするテーブルウェアで、どの世代が使っても色褪せないデザイン。日本でもヨーロッパでも、世界中のキッチンに似合うコレクションです。

<この商品が掲載されているダイニングのコーディネートを見る>





デザイナー「Cecilie Manz(セシリエ・マンツ)」

セシリエ・マンツのプロフィール画像

1972年デンマーク生まれ。デンマーク王立芸術アカデミーで学んだ後、ヘルシンキ芸術デザイン大学へ進み、1998年コペンハーゲンに自身のスタジオを設立。

シンプルで美しく、機能的なプロダクトを目指す彼女のデザインは、家具、テーブルウェア、照明、電子機器など多岐にわたります。

「すべての作品はひとつの物語の断片として捉えられ、時間や機能を超えてアイデア、素材、美意識の観点からさまざまなプロジェクトに結びついています」と語り、自らの足でリサーチを重ねスケッチをし、試作を繰り返しコンセプトを作るプロセスを大切にしています。






有田焼の伝統と新しいデザインアプローチ「1616 / arita japan」

1616 / arita japanのブランドイメージ画像

1616/arita japan(1616 アリタジャパン)は、有田焼の品格を高めながら、普段使いのための食器を世に送り出しています。

遥か昔の記憶を引き継ぐように名付けられた「1616 / arita japan」は、有田焼の伝統を踏襲しながらもこれまでの有田焼とは異なるデザインアプローチを試みています。


最近見た商品