スポンジワイプが、植林につながる「森活プロジェクト」

北欧のおうちには必ずあるスポンジワイプ。スウェーデンで誕生して以来ずっと愛され続ける超定番品です。そのスポンジワイプを買うことが、植林につながるというのが森活プロジェクト。「KLIPPAN・スポンジワイプセット」のご購入で、1セットにつき6円がボルネオ熱帯林の保全・再生活動に寄付されます。 皆さんもKLIPPANと一緒に、地球環境を守る1歩を踏み出しませんか?

使い方は簡単

乾いているときは、紙のようにパリッっとしていますが、濡らすと弾力のある柔らかふきんに。使う前は水に濡らして、ねじらずに軽く片手でキュッと握って水を切るのがポイント。ねじりは亀裂の原因になります。乾いたままお使いになっても、吸水力が発揮できないので、必ず1度濡らしてください。使った後はよくすすいで、風通しの良い場所へ。

スポンジワイプは多機能

水に濡らし準備ができたスポンジワイプは驚きの吸水力を発揮します。こぼれた水分、液体はサッとひと拭き。自重の10倍以上の水をあっという間に吸い取ります。水あと、ケバも残しません。すぐに乾くので雑菌が繁殖しにくく、いやなニオイの元をつくりません。食卓、キッチン、洗面所、お風呂、窓の結露など水にまつわる場所で大活躍します。水を吸い取る「ふきん」が主な機能ですが、スポンジワイプは水をキャッチするのも得意。マット使いなら、洗ったお皿のコンパクトな水切りマットに、野菜を洗ったり、しょうがをすりおろしたりするときの水分キャッチ用調理マット、まな板やボールの下に敷けば、滑り止めにとあちこちで活躍します。他におしぼり、ペット用のエサ皿マット、フレームに入れて部屋のインテリアにと幅広い機能を楽しめます。

くたびれてもまだまだ使える

くたびれてきても、すぐ捨てずにお掃除用として使ってください。IHや五徳まわりの油汚れ、床や窓、玄関、車の土汚れを拭き取るのに便利。洗面所まわりに落ちた髪の毛をほうきのように集めるのも得意。カットして好きなサイズにして使えば洗濯機まわり、窓のサッシなど細かい場所のお掃除にも最適です。スポンジワイプは不織布なので、ゴミが生地に絡まず、ゴミを簡単にとり除くことができます。使い倒したスポンジワイプは生地表面が詰まったように硬くなってきたら、お取替えのサイン。

毎日のお手入れはキレイの基本

1日使い終わったスポンジワイプは、きちんとお手入れすることで、長くきれいにお使いいただけます。100%天然素材ですが、熱に強い性質を持っているので、オススメは煮沸消毒。汚れが酷いときは、重曹やセスキを足して煮てください。洗濯ネットに入れて洗濯機洗いもできます。 塩素系漂白剤は生地をいためる原因になりますので、ご注意ください。

伝統技術とモダンなデザイナーとのコラボレーション「KLIPPAN(クリッパン)」

1879年、スウェーデン南部の小さな町KLIPPANに誕生した紡績工場から始まった『クリッパン』。
長い月日を経て、世界中で愛されるホームテキスタイルブランドに成長しました。
長年培ってきた織物に関する伝統技術と、モダンな北欧デザイナーたちとのコラボレーションにより、さらに世界中から愛されるブランドへと進化を遂げています。